乳酸菌 食品

乳酸菌の種類とそれぞれの特徴

乳酸菌と言うと、ヨーグルトやチーズ、乳酸飲料などを連想する人が多いですが、実は日本人の食生活に昔から取り入れられている漬物や味噌などにもたくさん含まれています。

 

ただし、ヨーグルトやチーズなどの牛乳を発酵させた食品に生息している菌は動物性のもので、漬物や味噌などのように米や大豆、野菜などの発酵食品の中で生息している菌は植物性です。

 

つまり、乳酸菌は、動物性のものと植物性のものの2種類に大別することができるのです。

 

この2種類の菌は全く異なる特徴を有していますが、摂取することによって得られる効果については何ら違いがありません。

 

動物性のものは乳糖のみを分解して乳酸を作るのですが、他の微生物との共存が難しいというデリケートさを持っています。

 

一方、植物性のものであればブドウ糖や麦芽糖、果糖など様々な種類の糖類を分解して乳酸を作ります。

 

また、動物性のものとは異なって、他の微生物が生存している生息環境であっても平気で共存することができる柔軟性を有しています。

 

さらに、強い酸性や濃い塩分の中でも生息することができるという特徴も持っています。

 

植物性の菌は非常に生命力が旺盛ですので、動物性のものよりも、生きた状態のままで腸に到達しやすいと言われています。

 

 

 

乳酸菌の要点と、体に与える効果について

現在地球上にはたくさんの菌があります。

 

この菌はたくさんの研究に使われたり食品として使われたりしています。

 

このようにたくさんある菌の中で、人間の体に大きな働きをするものの中に乳酸菌があります。

 

これは人間の腸の中に生息している菌の一つです。

 

人間の体の中にはこの他にもたくさんの菌がありますが、この中でも腸にとってとても有効な働きをしてくれるものなのです。

 

糖類や炭水化物を発酵させてたくさんの菌を作っています。

 

その結果腸の中にある雑菌の働きを抑える作用をもたらしています。

 

この他には免疫力を高めたりアレルギー作用を和らげたりと言ったさまざまな効果があります。

 

赤ちゃんの腸の中にはこのような働きをする菌がたくさんあるのです。

 

赤ちゃんは抵抗力がないのでこの菌によって体が守られているのです。

 

また乳酸菌は体の中でさまざまな働きをしてくれていますが、この他にも発酵食品と作る際にもとても重要な働きをしています。

 

一番良く耳にするのはヨーグルトです。

 

この他にはチーズやバターなどもあります。

 

日本の中では味噌や漬け物などにも利用されています。これらの食品はとても風味が良くて保存性が高いのでとても重宝されています。

 

また健康にも良いのでいいことばかりです。人間の体や食生活にとても重要な働きをしているのです。

 

 

 

乳酸菌が役立つこと、また乳酸菌が含まれる食品

ヨーグルトなどの発酵食品に含まれる乳酸菌はしばしば健康食品やサプリメントの分野において注目されますが、発酵食品に含有されているある種の細菌の総称で代謝により乳酸を生産する特徴を持っています。

 

人間の口腔内や小腸などの消化管に常在している菌種も知られており、他の細菌との拮抗関係を保ち人間の健康に非常に重要な役割をになっていることが報告されています。

 

古くからの利用方法として、食品を発酵させることで病原性微生物の繁殖などを妨げ腐敗しにくい保存食を作ることが挙げられます。

 

乳酸を生産させことで食品のpHを酸性側に傾けることができるのです。

 

乳酸菌を多量に含む食品は腸内の環境を整え様々な正の効果をもたらしてくれることがわかってきました。

 

消化管の状態を改善することで便通や代謝を良くするだけではなく、腸内免疫に働きかけることで花粉症やアトピーなどのアレルギー症状を緩和することも研究により明らかとなったきました。

 

チーズやヨーグルトなどに含まれるビフィズス菌は有名です。

 

そのほか味噌、醤油や納豆といった和食にも豊富に含まれています。

 

さらにワインや日本酒といった酒類にも含まれいるため日々の生活の中で自然に摂取することが可能です。

 

そして近年では関連サプリメントなども豊富にありそちらを服用することもできます。